指導陣

音楽監督 青木洋也
音楽監督 青木洋也
石川洋人
石川洋人

テノール 石川洋人 ISHIKAWA, Hiroto

国立音楽大学声楽科卒業。スイスバーゼル音楽大学大学院、及びスコラカントルムに留学。ディプロム取得。トン・コープマン、ジョシュア・リフキンのマスタークラスに参加、バッハの解釈法を学ぶ。在学中よりヨーロッパ各地でコンサート、音楽祭出演。カルージュの春( ジュネーブ) 音楽祭において、ミシェルコルボ指揮、ローザンヌ声楽 アンサンブルによるモーツァルト「レクイエム」公演にソリストとして出演、好評を博す。また ミヒャエル・ラドゥレスク、アントニー・ルーリー、ジョシュア・リフキ ン等著名な音楽家とも共演。帰国後、バッハ・コレギウム・ジャパン等に参加の他、NHKFM 名曲リサイタル、同BS クラシック倶楽部出演などソリスト及びアンサンブル歌手として、国内外で活躍している。

隠岐彩夏
隠岐彩夏

ソプラノ 隠岐彩夏  OKI, Ayaka

青森県出身。岩手大学卒業。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程及び博士後期課程修了。R. シューマンの歌曲を研究し博士号(音楽)を取得。声楽を佐々木正利、朝倉蒼生、秦貴美子、寺谷千枝子の各氏に師事。第60回芸大メサイア出演。2014年度三菱地所賞授賞。2013年Théâtre Lyrichorégra 20主催国際声楽コンサート(モントリオール)出演。2009年友愛ドイツ歌曲コンクール第一位、文部科学大臣賞授賞。副賞としてウィーン(ベーゼンドルファーホール)にてリサイタルを開催。J.S.バッハの教会・世俗カンタータやミサ曲、「ヨハネ受難曲」「クリスマスオラトリオ」 、ヘンデル「メサイヤ」、モーツァルト、フォーレ「レクイエム」、メンデルスゾーン「パウルス」「エリヤ」、ブラームス「ドイツレクイエム」等、宗教曲や歌曲を中心に活動。2014・2013年度日本演奏連盟新進演奏家奨学生。ミナトシティコーラスヴォイストレーナー。

清水梢
清水梢

ソプラノ:清水 梢 SHIMIZU, Kozue
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時に同声会賞受賞。オペラや数々のコンサートに出演他、ヴィヴァルディ『グローリア』、バッハ『ミサ曲ロ短調』『ヨハネ受難曲』『マタイ受難曲』、ヘンデル『メサイア』など宗教曲のソリストを務める。近年は古楽の分野でも活動を開始し、バッハ・コレギウム・ジャパン主催の公演やCD録音に参加している。これまでに声楽を大島洋子、三山洋賜の各氏に古楽声楽を鈴木美登里氏に師事。

 

 

練習風景
練習風景